×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

オール電化の費用、補助金、エコキュート、普及率はどの位?


スポンサードリンク


オール殿下の費用ってどの位かかるの?

オール電化の費用は?オール電化にするにあたっては必要な経費、つまり費用が最も気になるものでしょう。しかしグレードによってまったく変わっていくのです・・・IHクッキングヒーターだけだと工事費込みで20万〜30万円。しかしこれだけじゃオール電化とは言えないですね。だってお風呂のお湯作るのはガスなどを使っている事になりますしね?

 

オール電化の費用としてまずは給湯のエコキュートとIHクッキングヒーターを導入するとどうなるか。工事費込みでグレードによりますが100万円ぐらいまでオール電化費用がアップします。貯水タンクの容量などのグレードで大きく変わるので100万円以上になることもあります。オール電化にする為にはやはり費用がかかりますね。ローンを組んで月々支払う方法もありますが、もう一つ便利なものがあります。

 

それがリース制度。リースという事なので機器の所有権は個人ではない。標準工事費用も月々の支払いに含まれているので工事費を最初に払わなくても大丈夫だ。しかしそれが意外な時に便利になったりする事もあったりする。長く使う為にはメンテナンスをするように説明書に書いてあるのだがそういった費用を負担しなくていい。

 

そして私が思う一番の利点が故障時の修理費用だ。これもオール電化の費用と考えておきたいね。機器の場所によるが買い取りした機器でも1〜5年ぐらいの保証期間はあるのだがリースの場合はどこが壊れようが修理費用が無料な点。機器すべて交換しなくてはいけない修理でも費用がまったく発生しない!狂喜乱舞してうっかり故意でリース機器を壊したらさすがに費用発生しますが通常利用してて故障した分は費用の心配がいらないのがオール電化のリースでは一番の利点でしょう。

 

初期費用を気にせずオール電化を導入できるのがリース制度の魅力ですね。月々の支払いが高くなるのは嫌だ!って人や自分の持ち物にしたいなら通常通り機器を買い取り設置しましょう。しかし修理の話をすると結構揉めたりするんだよね・・・「そんな簡単に壊れない!」「じゃあ保証期間切れで壊れたらどうするんだ!」って水掛け論の如くね。