×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

オール電化保険、補助金、エコキュート、普及率はどの位?


スポンサードリンク


オール電化保険とはどんなもの?

オール電化保険って聞いたことありません?最近は新築を建てる時にオール電化住宅にしてしまう方もいらっしゃるでしょう。ガスを使わないので、空調・給湯・調理などのすべて電気になるので安全にもなる。またオール電化にする事で火災になるリスクが低下するので、オール電化保険料の特別割引をする損保会社がある。

 

でも待てよ?オール電化にして火災リスクは減ったのだからオール電化保険にわざわざ入らなくていいのでは?と聞きたくなる人もいるかもしれない。いやいや、それは待って欲しい。オール電化保険とはいつ起こるかわからない時の備えだ。備えあれば憂いなし。後々保険入らなかった事で自分の首を絞める事にはなりたくないものだ。

 

大体、せっかくオール電化にして保険料が優遇されるのだから使わない手はないでしょ?じゃあ、どの部分が割引されるのか?火災や爆発に対する部分がリスク低くなった事で割引対象になるのだ。保険料の見直しを昨今言われている中、割引で節約できるのは家計になんて優しい事だ。

 

オール電化で優遇されたオール電化保険の支払い対象外は何?これは保険会社各社によるのだ。○○会社は支払い対象外だけど別の会社なら支払い対象というのもある。いきなり1つに絞ってしまうと周りが見えなくなってしまうから要チェックや。オール電化によって優遇される保険の相場は?実は難しい。

 

なぜか?それは物件ごとに異なるからなのだ。都道府県の違いもあればその中でも場所によってさらに価格差が生じる。家の構造(木造か鉄筋か2x4かなど)、契約条件も関係対象になって相場が変わってしまう。損保会社でも優遇割引率が違うので、他人の勧めだけで判断するのではなく自分の眼で自分の必要な範囲でじっくり比較して選ぶべきだ。

 

おまけ

例えば隣家が火事になった!なんとも不幸に我が家に「もらい火」が・・・その場合、失火ノ責任ニ関スル法律(失火責任法)という法律は存在するが重大な過失をしない限り原則として失火した人に請求する事はできない。つまり火災保険に入っていなければ自分の家を修復するのも自腹になってしまう。そんな馬鹿げた話があるか!って言いたいけど法律上記載されている現実なのよね・・・